日本語 English
Providing Solutions, Building your Future

IT/IoTソリューション

ソリューション

RFIDを使用したKFT自社開発の在庫管理システムや、温度湿度の各種センサーをIoT化し、測定データをクラウドで監視・分析可能にするソリューションを提供いたします。また、事務処理効率の向上とともにペーパーレス化のご提案も行っております。

スライドショー RFID
スライドショー クラウドシステム
スライドショー ペーパーレス
previous arrow
next arrow

RFID

在庫管理の効率化目的での活用のみならず、製造業での工程や物品管理、特定物のトレーサビリティ管理等への応用も提案いたします。

クラウドシステム

クラウドや仮想化技術を用いて、より効率的で低コストな各種ITインフラサービスを提案いたします。

ペーパーレス化

紙の納品書等伝票をデバイスへ入力するデータデジタル化や、帳票をAI OCRで読み取るデジタル処理など、業務効率化を提案いたします。

開発プロセス

人手不足、業務の属人化、事業継続等、お客様の課題に対する最適なデジタル化、省力化ソリューションを提案いたします。

RFIDソリューション

ハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、最適なシステムソリューションを提案いたします。

ハードウェア:RFIDリーダーライター、RFIDタグ、プリンター
ソフトウェア:アプリケーション、データベース

RFIDのメリット

①タグとの距離が遠くても読み取れる

 バーコードのように至近距離まで近づく必要はなく、離れていても簡単に読み取ることができます。

②複数のタグを一気に読み取れる

 一度に大量のRFIDタグを読み取ることができるため、バーコードのように1つ1つ読み取る必要がありません。

③タグが箱の中に入っていたり、タグ表面が汚れていても読み取れる

 RFIDではタグが見えていない状態や汚れている状態でも読み取ることが可能です。タグが箱の中にあっても開封する必要がありません。

④タグにデータ入力及び書き換えができる

 バーコードではできないタグへのデータ入力や書き換えもRFIDであれば簡単に行うことができます。

コストやタグの貼付け等、RFID導入時の問題もKFTはお客様のご要望に寄り添い、より良い形で提供いたします。

事例1:在庫管理

従来のバーコードにRFIDを加えて一歩進んだ管理を可能にしました。

入庫・ピックアップ・出庫・棚卸し作業例

事例2:畜産業様向け

業務の省力化、商品に付加価値を付けることも可能です。

・RFIDタグに個体IDやトレーサビリティ情報を書き込むことで、対象物探索の省力化を実現

・トレーサビリティ管理強化で販売時の付加価値や食品ロス対策が可能

クラウドシステム

KFTでは様々な業界向けにクラウドシステムを提供しております。導入することにより省力化、データ分析などお客様の業務効率向上を支援いたします。お客様のご要望に合わせカスタムで対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

導入事例

養鶏企業様向けクラウドシステム構築

台帳管理されていた日報(鶏舎環境・飼育鶏情報)や体重測定表をデジタル化し、作業工数の削減やリアルタイムでのデータ見える化を実現いたしました。

ワクチン管理 改
鶏舎情報管理 改
体重測定情報管理 改
日報データ管理 改
入雛情報一覧 改
previous arrow
next arrow

導入前

作業重複により余分な作業が多く業務負荷大

PCへの転記、資料作成が属人化

導入後

紙からの転記・集計作業を自動化することで、作業時間が大幅に減少し、時間外労働の削減を実現

集計や資料作成をシステム機能として持たせ、
作業の属人化を解消

システム構成

ペーパーレス化

ペーパーレスはオフィスと現場の作業効率化に貢献いたします。業務において紙を無くすことで環境にも優しいソリューションとなっております。

提案例

<付加機能>
■AI OCR:手書き伝票を文字認識でデジタル化
■デバイスマネージ:スマホ等モバイル端末使用時の管理システム
■システム連携:クラウドのデータベースを既存のシステムと連携

導入事例

兼松ペトロ株式会社向け 工業用LPガス納品書デジタル化クラウドサービスの提供

タブレット端末とクラウドサーバーを利用して工業用LPガス納品書をデジタル化するクラウドサービス「クロッシングデータ(X-DAT)」を開発しました。

本サービス導入により、タブレット端末に入力した納入実績データがオンラインで処理され、関係する会社間での情報共有を可能にしました。

導入前

バルクローリー乗務員による手書き納品書の作成、

FAXによる伝票送付など、デジタル化の遅れが課題

導入後

納入データ処理にかかる時間と人手が大幅に軽減

納入実績の正確性が高まり生産性向上

PAGE TOP